ドラッグストアのお届けする関節炎に関する解説するサイト

結核と関節炎の関係

結核性関節炎という病気を知っていますか?これは肺結核などの結核の細菌が関節に入り込むことが原因で発症する病気になります。結核菌が血液に乗って関節にまで回り、関節痛や炎症を招くのです。現在では衛生管理上の問題がほとんどないため結核性関節炎にかかる人は少ないのですが、免疫力の落ちている高齢者や糖尿病にかかっている人が結核性関節炎を患うとなかなか完治しないので注意が必要になります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

結核性関節炎の症状ですが、関節の痛みと腫れといった症状が出ますが、化膿性関節炎ほどのものではないそうです。結核性関節炎かどうかは、病院で診療する際に関節液の中に結核菌がいるかどうかで診断されます。次に結核性関節炎の治療方法についてお話していきましょう。結核性関節炎の治療よりも優先されるのが結核の治療です。結核菌が関節液中で見つかるということは、結核にかかっているということ。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

まずは大元である結核の治療を行います。患部には関節炎の痛みを和らげるために関節をまっすぐに伸ばした状態でギプスをはめます。治療方法には化学療法が取り入れられ、エタンブトールやストレプトマイシン、イソニアジド、リファンピシンなどの薬を使用して行います。結核は昔の病気だと思われている人もいますが、現代でも結核にかかる人はいます。今では医療技術や研究も進み、完治が可能な病気になっていますので、むやみに怖がる必要はありません。

 

薬局