ドラッグストアがお届けする関節炎に関する解説するサイト

患者数の多い関節炎@股関節炎

関節炎の一つに股間節炎があります。単純性股間節炎と化膿性股間節炎があるのですが、単純性股間節炎は子供に多くみられるもので年齢は3歳から6歳ぐらいです。発熱は微熱程度は平熱くらいです。ガニ股のようになり股間節を広げるようになり、動かすと痛がるのが特徴です。症状が出てから1週間から10日ほどで痛みも治まるのですが、あまりにも症状が強ければ入院ということもあります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

単純性股間節炎の原因ははっきりとはしておらず、子供が風邪などをひいたあとにこうした症状が現れることが多いことから、何らかの免疫反応だと言われています。免疫とは、体内にいる病原体を退治する仕組みのことになります。単純性股間節炎はそれほど心配はいりませんが、化膿性関節炎のとなると話が違ってきます。化膿性股間節炎は細菌感染によって発症し、細菌が股間節炎に入り込んで腫れます。新生児や乳幼児がかかることが多く、新生児に関しては低出生体重児の場合には特に注意が必要です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

まだしゃべれない赤ちゃんや乳幼児の場合、子供の様子をしっかり見てあげてください。ミルクを飲まない、ぐったりしている、足を動かさない、熱があるなどの症状があればすぐに病院へ連れて行きましょう。乳幼児でしたら膝のあたりを痛がったり歩こうとしない、食欲がない、熱があるといった症状があれば化膿性股間節炎かもしれません。子供の様子がいつもと違うと思ったらよく観察するようにしましょう。

 

調剤薬局