関節炎に関する情報サイト

関節炎とは

関節炎に悩まされている人は意外に多くいるようです。骨と骨の間にはそれらを繋いでいる関節があり、その部分に炎症が起こることによって痛みや腫れといった症状が現れることを関節炎と呼んでいます。
普段立ったり座ったりといった行動を何気なく行っていますが、そのたびに関節に負担がかかっているのです。


そのため関節はトラブルが起きやすく、関節炎が進行すると常に痛むと言ったことにもなり得るのです。
一口に関節炎と言ってもさまざまな種類があります。細菌感染による化膿性関節炎や、リウマチ性関節炎、高齢者に多い変形性関節炎などがあります。

関節炎の原因にはストレスや加齢、また肥満も含まれています。それ以外にも免疫異常などの可能性もあるのだとか。関節炎は高齢者だけでなく、誰でもかかる病気と言えます。特に現代は食生活の変化から肥満者数が問題視されていて、体重の増加から関節に負担をかけて痛めてしまうといったことも十分に考えられるのです。関節の腫れや痛み、熱を感じたら迷わず病院へ行き早めの治療を心がけましょう。

中高年になると関節が弱まってくるため、無理な運動は避けたほうが無難です。軽い運動は関節の柔軟な動きを保つ上でもとても良いことなので、日常生活に取り入れると良いでしょう。関節炎の治療方法としては、薬や超音波、手術などがあります。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

関節炎の原因物質

関節炎を起こす原因には何があるのでしょうか。運動不足や遺伝、けが、関節の摩耗などがありますが、理由はそれだけではないようです。関節炎の原因となるものをお話してきます。まず化膿性関節炎の原因となるのが黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌の感染です。主に膝や肩、肘、股関節などに多いようです。結核性関節炎は肺結核などの結核菌が原因で発症する病気です。関節が腫れて痛くなりますが、あまり熱を持った感じにはなりません。また痛みの程度も化膿性関節炎よりも弱いです。関節リウマチも良く聞く関節炎の一つですが、実はその原因はまだはっきりと分かっていません。ただ関節炎になる仕組みとしては何かの影響を受けて関節にある順膜細胞が増殖し、そこに炎症細胞が入り込んで発症すると言われています。これが進行すると骨や軟骨が破壊されていくといいます。関節リウマチはなかなか治りにくく、その症状はストレスや天候にも影響されます。関節リウマチが進行すると関節が変形したり機能障害を引き起こし、日常生活に支障をきたします。また、関節だけでなく皮膚や肺、腎臓など、全身に症状が現れることもあるのです。関節リウマチは男性よりも女性が発症することが多く、男性の3〜4倍にもなります。関節炎は高齢者がかかるものとおもわれがちですが、関節リウマチに関しては30歳代から50歳代に発症する人が多いのだそうです。

 

患者数の多い関節炎@股関節炎

関節炎の一つに股間節炎があります。単純性股間節炎と化膿性股間節炎があるのですが、単純性股間節炎は子供に多くみられるもので年齢は3歳から6歳ぐらいです。発熱は微熱程度は平熱くらいです。ガニ股のようになり股間節を広げるようになり、動かすと痛がるのが特徴です。症状が出てから1週間から10日ほどで痛みも治まるのですが、あまりにも症状が強ければ入院ということもあります。単純性股間節炎の原因ははっきりとはしておらず、子供が風邪などをひいたあとにこうした症状が現れることが多いことから、何らかの免疫反応だと言われています。免疫とは、体内にいる病原体を退治する仕組みのことになります。単純性股間節炎はそれほど心配はいりませんが、化膿性関節炎のとなると話が違ってきます。化膿性股間節炎は細菌感染によって発症し、細菌が股間節炎に入り込んで腫れます。新生児や乳幼児がかかることが多く、新生児に関しては低出生体重児の場合には特に注意が必要です。まだしゃべれない赤ちゃんや乳幼児の場合、子供の様子をしっかり見てあげてください。ミルクを飲まない、ぐったりしている、足を動かさない、熱があるなどの症状があればすぐに病院へ連れて行きましょう。乳幼児でしたら膝のあたりを痛がったり歩こうとしない、食欲がない、熱があるといった症状があれば化膿性股間節炎かもしれません。子供の様子がいつもと違うと思ったらよく観察するようにしましょう。